So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラックオプス プレミアムパーティ レポート編 [イベント]

  ジャム爺氏.JPG
                                                     デスストリーク中の ジャム爺氏

 当日は会場内での撮影が不可だったので、主な内容などは
 ファミ通.com様の

    ゲストもアリ、プレゼントもアリの 『コール オブ デューティ ブラックオプス』 プレミアムパーティー

 の記事を参照される事をお勧め致します

 会場は ベルサール渋谷ファースト の B1 HALL にて


 コンパニオンさん達
 受付にて招待状の確認を済ませると、その横にコンパニオンさんらが
 スタッフ曰く 「ご自由に撮影して下さい」 との事


 会場の様子01
     会場内は撮影禁止ですが、スタッフに許可を頂き撮影させて頂きました
 こちらが今回のイベント会場の様子
 撮影した時はイベント終了後なので、スタッフは片付け真っ最中です


 会場の様子02
     会場内は撮影禁止ですが、スタッフに許可を頂き撮影させて頂きました
 前四列が一般招待の席
 後列が記者団などのプレス席と分かれています


 会場の様子03
     会場内は撮影禁止ですが、スタッフに許可を頂き撮影させて頂きました
 こちらがプレス席
 正面の奥にて音響設定などされていた様子





 18:00 と同時に会場内が暗転し、眩しいライトが飛び交う中イベントが始まりました



 司会進行の森氏と柿沼氏が登場
 始めに、スクウェアエニックス代表取締役社長 和田洋一氏 がご挨拶


  「記録的、とよく言われますが・・・ブラックオプスは私の現役で伝説になる作品だと思っています」


  「字幕と吹き替え、これは要望によりどちらも製作しました」


  「CEROレーティング、これも大事な要素の一つ。ギリギリでなんとかしました」


  「ゾンビモードなど、絶対に付けないといけないとデベロッパーと話し合いまくりました」


 そして、


  「今回、皆さんへおみやげして・・・公認フラゲですね、お持ち帰りになって楽しんで下さい
    本日来れなかった方は木曜日の発売を買って頂くという事で」


 と、会場内が一瞬騒然とする 公認フラゲ を豪語

 ついったーにてこの時のつぶやきをしていましたが、応募すればよかった!という方も居ましたね



 ここで一旦、スクリーンにTVCMの60秒verが流れました
 巨大スクリーンと大音量で観るCMは一味違いましたね



 続いて、Bopsのマルチプレイデザインディレクターを務めたデイビッド・ヴォンダハー氏が登場
 手に持ったメモを見ながら日本語でご挨拶


  「実は、日本語は喋れません」


 という内容に会場はどっと笑いが溢れていました
 デイビット氏はマルチプレイヤーを三つのキーワードで説明しました


  Compete (競争)
   -競い会うことが最高の魅力であり、常に新しい要素を取り入れてます-

      *トレーニングモード
        これはブランクのある人や初めての方向けに開発しました
        友人と一緒に対COM戦を繰り返し、熟練者に対してのハードルを狭め、
        オンラインへの世界へと進出して欲しいと思い作りました

      *クラス作成
        武器の選択など、自由なカスタマイズをより追求しました

      *キルストリーク
        ガンシップについて説明 ・・・する筈が、通訳の人が聞き逃したか?

      *CoDポイント
        ゲーム内などで武器を購入したりする新しいシステムです

      *契約
        前作からのチャレンジに該当します
        500種以上あり、CoDポイントをより多く貰えたりします

      *賞金マッチ
        デイビット氏が気に入ってるゲームモードの一つ
        CoDポイントを使って戦うというユニークなモードです
        ルールも四種類存在し、非常にお気に入りのようでした


  Customize (カスタマイズ)

      *フェイスペイント
        CoDポイントを使って購入していきます
        中には購入したら貰えるというのも存在します

      *カムフラージュ
        武器のカラーです
        前作でいうブルータイガーやレッドタイガーなどに該当します


  Create (作成)

      *エンブレム
        カラー変更をしてオリジナルのを作り、
        戦場などで自分のアイコンとして敵に表示されたりします

      *シアター
        ご め ん な さ い ボ ー ッ と し て い て
        ま っ た く 聞 い て い ま せ ん で し た


 この後、デイビット氏に向けての質問が寄せられました

   ――ゲームモードはどれが好きですが?オススメは?

      「チームデスマッチ、フリーフォーオール、サーチアンドデストロイ....
        開発者はぜんぶ好きです。
       でも、個人的には・・・One in the Chamberがオススメです」


   ――オンラインにチャレンジしたくなるコメントをお願いします

      「マルチプレイを増やし、コンバットトレーニングで経験を積み、
       そこからオンラインへと入ってもらいたい」

 盛大な拍手でデイビット氏は舞台裏へと帰っていかれました



 次にコールオブデューティーサバイバルなる映像が流れました
 これはMTVとのコラボ企画で、芸能人同士によるサバイバル勝ち抜き戦を行ったようです

 前回はMW2にて、そして今回、新たにBopsで開催するという事が発表されました

 参加決定としてゲストに 加藤 夏希 曙 太郎 がミリタリーファッションで登場!

 そして、応援ゲストとして 神田 うの が、
 コスプレではなく実戦で使われている服を着用して登場!


  曙 太郎 「みなさん知らないと思いますけど・・・隠れゲーマーなので」

   ・・・曙 太郎の黒ベレー帽着用、元横綱という軍人らしい風格に司会らビビりまくりでした

 
 CHEMISTRYの 堂珍 嘉邦 と、
 前回優勝者の リョウ・ザ・スカイ・ウォーカー から映像コメントが送られました

 続いて登場したのは・・・何やら大きい液晶モニター
 東芝の CELL REGZA といった3D立体視でBopsを体験されていました

 曙 太郎は専用の眼鏡が用意されていたようですが電源が入っておらず、
 通常の眼鏡を装着し 「ん・・・ん・・・・・・」 と魅入っていました

 とにかく曙 太郎が可愛い発言を連発していました
 風格、威圧感が恐ろしいですが、以外にも・・・と思えるコメント満載で会場を笑わせていました



 時刻は 19:00
 一時間が経過した所で、第一部が終了となりました

 プレス関係の方はスタッフに誘導され何処か別室へ
 一般招待客の方も10分間のトイレ休憩に

 10分間のトイレ休憩が終わった頃、続々と人が戻って来ましたが・・・
 何故か、プレス関係の方が半分以上戻らないまま第二部が開始

  ※ファミ通記事にあるように、第二部中にゲストの芸能人への囲み取材があったようです



 19:11 に第二部が始まりました
 MIDNIGHT LIVE 360 の方々が出張として参加

 ゲストに

   橋本名人と言われる橋本真司氏
   井上和則氏
   市村龍太郎氏

 の御三方が登場

 最初にトークで

  「ジャム爺さんがドヤ顔です」

  「ゲームの仕様上、字幕と吹き替えの二つを一つに入れるのは難しい」

  「橋本名人は字幕が好きなようです」

  「マルチはストレス溜まったから・・・シングルで気持ちよくやってます」

  「あれ?橋本名人はマルチだとキャンパーと聞きましたが?」

  「軽機関銃でキャンパーしています」

 と、会場を盛り上げました


 続いて吹き替え版のシングルが初公開となりました
 序盤はMNL360のメンバーとゲストの雑談で殆ど聞こえず、
 
  「・・・どうみても洋画劇場だよこれ」

  「実は今回、主人公の音声が多く入ってまして」

  「総収録時間は・・・20時間ぐらいでしょうか?」

  「ケネディ似すぎwww」

  「まじきめえwwwww」

  「あれっ・・・この声優さんは・・・」

  「ジャックバウアーだ!」

  「・・・どう聞いてもジャックですね」

 と、ジャム爺氏によるジャックバウアーの物真似が披露されたり
 笑いが絶えることのないトークでした
 

 最後にゾンブモードをプレイ
 ここら辺はMNL360生放送を見ていた方が多いと思うので省略

 客席から男性二人が選出され、プレス関係から女性一名の計三人がゲスト参加
 面白そうにプレイしていたので他の方々がいち早く試遊したがっていました



 20:22 に第二部が終了して別室へ移動
 皆さんお待ちかねの試遊プレイのお時間となりました



 壁紙
 入り口右手には謎の壁紙
 後に判明しましたが、第一部後に半分消えたプレス関係の方がここで囲み取材をしたようです


 試遊台の様子01
 こちらが会場の様子
 入り口から見て中央列が箱360試遊スペース


 試遊台の様子02
 入り口から見て左側列がPS3試遊スペース
 数的には中央の箱360台と同じぐらいだったハズ


 試遊台の様子03
 コンパニオンが見守る中、15分間の試遊プレイは黙々と行われました


 試遊台の様子04
 こちらは東芝の3D対応 CELL REGZA の視聴体験コーナー
 55型のこのサイズで現在100万するそうです


 試遊台の様子05
 試遊プレイを終えた人は半分ほど帰宅されたようで、
 3列ぐらいあった人も疎らになってきました


 試遊台の様子06
 PS3版の操作説明
 何故かしゃがみがボタン操作になっていてあうあう

 MAP:Radiation
 Core:Free-for-all
 Time:15

  軽装備だとダッシュスピードが速くなるっぽかったのでSMG(MP5)選択
  意外とCoD4よりもサクサク動き、BFBC2のような感覚で動けました

  途中になってからフラッシュやフラグを所持している事に気付いて
  CoD4らしい投げ方をするもどれもハズレ

  UAVを使用してからの連続キルでコブラ要請を二回程行い、
  47Kill 13Death で総合二位という満足のいく結果になりました


 と、プレイを終えて振り返ったらジャム爺氏が箱360台プレイ中
 何やらカメラが回ってないとの事で色々と放送禁止用語が飛んだりしていました

 しかし本業がゲームなせいか、見事な連続ナイフキルをしてました


 360サイコーブログ主
 というワケで、ポーズを取って頂きました
 本人曰く デスストリーク中 だそうですが、Bopsにデスストは存在しているのか・・・


 受付ロビー
 試遊時間も終了となり、残すは来場者のオミヤーゲ引換えタイムとなりました
 受付にてPS3版かXbox360版かを選択して受け取るようです

 と、ここで携帯のバッテリーが切れてしまったので早々に帰宅開始



 オミヤーゲ(表)
 というワケでPS3版を頂いてきました
 公式フラゲしたのに、肝心の本体はイベント前にコンビニから出荷されたという/(^o^)\


 オミヤーゲ(裏)
 こちらは裏面
 いやーしかし、まさかオミヤーゲでソフトを貰えるとはね・・・予想外すぎて色々アレ


 オマケ
 この勲章メダルは海外版初回特典、ラジコンカー付きに封入されているものだそうで
 流石にラジコンカーは貰えないでしょうけれど、これはこれでレア物なので有り難いです



 俺以外の友人全て落選し プレミアム で ぼっち な パーティー でしたが中々面白かったです

 何よりもオミヤーゲで異例の入手となったBopsですが、早くプレイしたくてたまりません
 すでにBFBC2フレの方々は海外版でフラゲしているようですが、
 PS3が戻ってくるまでソフトの封を切らずにそっと放置しておこうと思います

 Bopsには色々と期待している所も多いので非常に楽しみです

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。